美味しいアイスコーヒーを自宅で楽しもう

アイスコーヒーというとお店で飲むものや今ですとコンビニなどでもお手軽に飲める時代ですよね。確かにお店で飲むのも美味しいですが偶には自分で淹れてみるのも乙なものですよ。そんな時はアイスコーヒー専用豆を使うと、お店のアイスコーヒーと同じくらい美味しいものが淹れられます。

でもどうすればいいの?と思うのも当然ですので自分の分かる程度で書かせて頂こうと思います。

まずは基本ですがコーヒーの元となる豆です 初めての方でしたらスーパー等でも買える豆を粉にあらかじめされたものやアイスコーヒー用のパックでも良いとは思います。ですが少しは拘っても良いかなと思える方でしたらコーヒー豆の専門店で買ってみましょう。

特に難しい事もありません 分からなければお店の方に聞けば教えてくれますし(種類や焙煎度合い等も)決めることは買う物とグラムくらいです やはり専門店で買うと味が違うと思うので機会がありましたら是非お勧めですね。

次に淹れ方ですね 昔ながらですと濃いコーヒーを淹れてそれに氷と薄めるもの(水でもミルクでも)をいれて作るか熱く淹れたものを冷まして飲むというのが多かったですが今風の流行りがお勧めです。

水出し式す最近は少しお高いお店でも見られるとおもいますが家でも作れます。でもアイスコーヒーはハンドドリップした方が断然美味しいですね。

とりあえず粉ですが焙煎強めの細挽き以上をお勧めします(濃いのが苦手でしたら中細引きくらいでも可能)理由としまして味が出やすい事とコーヒー感が強くなります。個人差によって薄くなることがありますので個人的にはという指標です。

お水はやはり軟水のミネラルウォーターを使いましょう硬水よりもやはりアイスですと軟水のほうがまろやかになります。


後者は某漫画で見た方法でして粉を水に入れ混ぜます(密閉されたボトルでしたら振ると尚良し)そのまま上記と同じく冷蔵庫で置いておき完成なのですがその後が違います。

飲む時に粉を取るためホットコーヒーを淹れる時のようにフィルターで落としてください。この手間が面倒ですが人によってはこちらのほうがより豆の味が出ると感じると思います。

水出しコーヒーは、まずは麦茶などを淹れるのに使うボトル(冷蔵庫にそのまま入れておくような物)に粉を市販の煮出し用パック(中にお茶葉やだし粉等を入れられる物)にコーヒー粉を入れてそのまま入れて水を注ぐ方法と粉をそのまま水に入れてしまう方法です。そのまま冷蔵庫に入れ偶にボトルを揺すりながら半日くらい置けば(豆により誤差は出ます)出来上がります 飲むのもそのまま飲めます。

気になった方は是非お試しになってみて下さい。更に奥深いコーヒーの世界をお好きになって頂けたら幸いです

コーヒーとスイーツのマリアージュ

コーヒーを喫茶店でいただくとき、コーヒーだけでもいいですがケーキも一緒にいただくと尚美味しく、充実した時間を過ごせるような気がします。

おすすめのケーキは王道のシフォンケーキ。最近色々な種類のシフォンケーキが出ているようですがここはベーシックなプレーンシフォンでいきたいです。生クリームが横に添えてあるふわふわのシフォンケーキ。これがまたコーヒーに合うんです。コーヒーには砂糖を入れずケーキの糖分をじっくり味わいます。

コーヒーはホットて苦味が少し強めのしっかりしたものをチョイスしたいです。ケーキの他におすすめのサイドはチョコレート。意外に合うんですよ。だから、チョコレートケーキという選択もアリですね。最近のコーヒーショップは多岐に渡っていますよね。シアトル系や名古屋系、銀座の一杯1000円のコーヒーは田舎者の私には衝撃的ですよ。(笑)でも共通のことは、なにかしらサイドに持ってくるとコーヒーが更に美味しくなることではないかと思います。先程の名古屋系は豆菓子がついてきますよね。その豆菓子もなかなか美味しいのです。

チェーン店のコーヒーショップでもポテトチップスを置いてみたり、バナナ!を一本売りで置いてみたり。いろいろやってます。コーヒープラスなにか。あなたはなにをプラスしますか?

手軽なインスタントコーヒーはすごい

初めまして!

最近ブログを始めた友人に勧められて日記がわりにブログを書くことにしました!!これからコーヒーに関する記事を書きながら勉強していけたらいいなぁと思っています。

食事の後の一杯や、仕事の合間の息抜き、ちょっと眠気ざましにと、一日の中でもコーヒーの出番は実は意外に多いものですね。

普段は手軽で便利、お湯を注いで淹れるだけのインスタントコーヒーを重宝しています。次にまだ何かしなければならないという作業が控えている時は、やはり時間を優先するしかないというのもありますし、最近はインスタントコーヒーもメーカー各社がこだわって作っているので、粉で淹れるレギュラーコーヒーと比べてもなかなか遜色のないものが多いのです。

以前であれば、インスタントコーヒーだと味が薄いとか、キレがなくて何か物足りないという感じでした。しかし、最近は違います。インスタントコーヒーを飲み終わった後、カップの底に黒い粉のようなものが残っているのを見たことがありませんか?

あれは粉末の溶け残りではなく、実はコーヒー豆の粉そのものなのです。代表的なコーヒーメーカー、ネスカフェがこだわった、レギュラーコーヒーに近い味を実現するために実践したのが、この手法。

実際に惹かれたコーヒー豆の粉が入ることで、インスタントコーヒーのスッキリした飲み口に、さらにレギュラーコーヒーならではのキレとコクが加わり、インスタントでありながら限りなくレギュラーに近い味わいを実現しています。インスタントとレギュラーのいいとこ取り、コーヒー好きにはたまりませんね。

これからもよろしくお願いします♫